メールでのご相談はこちら

tel:03-5775-4500

【ニューヨーク】GWはオペラの黄金週間!

2019年4月27日~5月7日までのプログラムから
料金:記事に表記

ゴールデンウィークは日本だけのことと思っていました。が、ことオペラに関してはニューヨークもゴールデンウィークと呼べそうです。
4月27日から5月7日にプログラムされているオペラの演目は以下の通り。

4/27 神々の黄昏 椿姫 (椿姫¥13,000~)
4/29 ラインの黄金
4/30 ワルキューレ
5/1  リゴレット(リゴレット¥11,000~)
5/2 ジークフリート
5/3 カルメル派修道女の対話(すみません清水がタイトル間違えました)¥14,000~
5/4 リゴレット 神々の黄昏
5/6 ラインの黄金
5/7 ワルキューレ

なかでもプラシード・ドミンゴとアニータ・ハーティッグによる新制作の「椿姫」は注目です。指揮するニコラ・ルイゾッティは昨年秋に上演された同じくヴェルディの「アイーダ」でも圧倒的な実力を発揮しました。オペラというとどうしても舞台上に注意が行きがちですが、主役とはいわないまでも舞台と肩を並べる演奏を聞かせたルイゾッティ。これぞオペラ! という舞台を満喫させてくれることでしょう。
また2020年からウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任が決定しているフィリップ・ジョルダン指揮の「ワルキューレ」も話題を呼ぶこと必至。1974年生まれですから、まだ44歳。にもかかわらず圧倒的な表現力でオペラファンからもオーケストラファンからも一目置かれている彼。ワーグナーの「ワルキューレ」はオペラ史上でも稀な超大作で、あのスターウォーズもこの作品にインスパイアされたと言われています。オペラは難しそう、という方も、そんな視点で楽しんでみてはどうでしょう?
また「今世紀でもっとも重要な舞台演出家」といわれるロベール・ルパージュが手がけた「ニーベルングの指環」のリバイバル上映も決まりました。
ワールドチケットガイドではオペラだけではありません。GWのミュージカルチケットもお手配します。お問い合わせは無料です。ぜひいちどご連絡を。

ご相談・お問い合わせはこちら