メールでのご相談はこちら

お電話での対応 03-5775-4500

月~金曜日
11:00~17:00 スタッフ対応
土日、祝祭日
10:00~17:00 オペレーター対応

上記以外メールのみの対応となります。

【ニューヨーク】音楽ファンにイチオシ! トニー賞受賞の「エイント・トゥー・プラウド」

通年 9000円~

ブロードウェイで上演される最高の作品を選ぶトニー賞が、今年も発表されました。
ワールドチケットガイドがオススメしたいのは、ミュージカル作品賞に選ばれた「エイント・トゥー・プラウド(Ain’t Too Proud)」。
モータウンを代表するソウル・コーラスグループ、テンプテーションズの実話を元にしたミュージカルです。
ミシガン州デトロイトは1960年代初頭、たくさんの黒人コーラスグループがひしめき合っていました。そんな土地に誕生したソウルミュージックの専門レーベル、モータウン。その副社長に就任したスモーキー・ロビンソンは、緻密なパフォーマンスが話題のテンプテーションズに、自作曲「マイ・ガール」を歌わせ、全米チャートナンバー1を記録します。
当時ダイアナ・ロスのバックを務めたシュープリームスと並ぶモータウンの2毎看板だった彼らですが、なんと60年たったいまも現役グループ(メンバーは変わりましたが)として活躍しています。
物語は、60年にわたってテンプス(テンプテーションズをみんなこう呼びます)のリーダーだったオーティス・ウィリアムズの自伝を元に構成されています。テンプスほどメンバーチェンジの激しかったグループは稀ですが、彼らは「安住するより冒険を好んだグループだった」といいます。そしてオーティスを除く他のオリジナルメンバーはすでに他界。語り部である彼の物語を、あの「ジャージー・ボーイズ」を手がけたデス・マカナフが演出しています。
テンプスの大ヒット曲をしっかり聴かせ、その曲間に物語が進行していくストーリーは、ミュージカルファンだけでなく音楽ファンにも大満足の作品。ちなみにタイトルの「エイント・トゥー・プラウド」は彼らの66年のヒット曲で、ローリング・ストーンズもカバーしています。
上演されるインペリアルシアターはタイムズスクウェアから歩いて10分ほど。かつて「レ・ミゼラブル」が上演されていた劇場なので、見覚えのある方も多いでしょう。
ワールドチケットガイドでは、通年でチケットを扱っています。料金は9000円から。
問い合わせは無料です。ニューヨークへ行くなら、ぜひ観ておきたい作品です。

Imperial Theatre  249 West 45th Street New York, NY 10036 

上演時間約2時間半 

日曜 15:00 

月曜休演 

火曜 19:00 

水曜 14:00 20:00 

木曜 19:00 

金曜 20:00 

土曜 14:00  20:00

 

 

 

 

ご相談・お問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせください

お電話での対応 03-5775-4500

月~金曜日
11:00~17:00 スタッフ対応
土日、祝祭日
10:00~17:00 オペレーター対応

上記以外メールのみの対応となります。