メールでのご相談はこちら

お電話での対応 03-5775-4500

月~金曜日
11:00~17:00 スタッフ対応
土日、祝祭日
10:00~17:00 オペレーター対応

上記以外メールのみの対応となります。

2023年フランス大会への戦いがヨーロッパで始まる!
チケットは26000円から。是非!あの感動を!

2020年2月8日〜3月14日
26,000円から

日本中がラグビーファンになったと言ってもおかしくない今。
次にあの感動を味わえるのは、「シックス・ネイションズ ラグビー2020」です。
シックス・ネイションズは名前の通りイングランド、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、イタリア、フランスの6カ国で行われる国代表リーグ戦。毎年2月〜3月におこなわれます。
2020年の予定は2月1日〜2日の「ラウンド1」から3月14日の「ラウンド5」まで。この間の15試合で各チームが総当り戦をおこない、もっとも勝ち数の多かったチームが優勝となります。
ワールドカップのようなトーナメント戦ではないので、どの試合も落とせません。どの試合もが真剣勝負です。

ラウンド1

2月1日(土) 14:15 ウェールズ vs イタリア プリンシパリティ・スタジアム / カーディフ
2月1日(土) 16:45 アイルランド vs スコットランド アビバ・スタジアム / ダブリン
2月2日(日) 15:00 フランス vs イングランド スタッド・ド・フランス / パリ

ラウンド2

2月8日(土) 14:15 アイルランド vs ウェールズ アビバ・スタジアム / ダブリン
2月8日(土) 16:45 スコットランド vs イングランド マレーフィールド / エジンバラ
2月9日(日) 15:00 フランス vs イタリア スタッド・ド・フランス / パリ

ラウンド3

2月22日(土) 14:15 イタリア vs スコットランド スタディオ・オリンピコ / ローマ
2月22日(土) 16:45 ウェールズ vsフランス プリンシパリティ・スタジアム / カーディフ
2月23日(日) 15:00 イングランド vs アイルランド トゥィッケナム・スタジアム / ロンドン

ラウンド4

3月7日(土) 14:15 アイルランド vs イタリア アビバ・スタジアム / ダブリン
3月7日(土) 16:45 イングランド vs ウェールズ トゥィッケナム・スタジアム / ロンドン
3月8日(日) 15:00 スコットランド vs フランス マレーフィールド / エジンバラ

ラウンド5

3月14日(土) 14:15 ウェールズ vs スコットランド プリンシパリティ・スタジアム / カーディフ
3月14日(土) 16:45 イタリア vs イングランド スタディオ・オリンピコ / ローマ
3月14日(土) 20:00 フランス vs アイルランド スタッド・ド・フランス / パリ

6チームは日本でのワールドカップでも強さを見せつけた強豪たちですが、ヨーロッパの6チームで争われるために日本はもちろんのことニュージーランドや南アフリカ、オーストラリアはいません。しかしラグビーはイギリス発祥のスポーツ。伝統的なラグビーの面白さを体験するなら、シックス・ネーションズがおすすめです。
ちなみに2019年に優勝したのはウェールズで優勝回数39回。次いでイングランドが38回。なぜかイタリアは0回で、他の3国は20数回で肩を並べています。
シックス・ネーションズでは全勝優勝を「グランドスラム」と呼び、2019年はウェールズがグランドスラムを獲得しています。またイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドのホームユニオン4カ国間で全勝優勝すると「トリプルクラウン」と呼ばれます。どうしても英国勢中心になるのは仕方がありません。
ワールドカップでラグビーのルールにも詳しくなったいま、本場の試合を、本場で観戦してみてはいかがでしょう。
チケットも手頃な26,000円から。全試合土日開催です。
ワールドチケットガイドはお問い合わせ無料です。遠慮なくご連絡ください。

Highlights: France v Wales | Guinness Six Nations

※試合会場のエジンバラ:マレーフィールド・スタジアムとロンドン:トゥィッケナム・スタジオへのアクセスは、「自由な旅にでよう」の記事で紹介しています。

どうぞご参考ください

ご相談・お問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせください

お電話での対応 03-5775-4500

月~金曜日
11:00~17:00 スタッフ対応
土日、祝祭日
10:00~17:00 オペレーター対応

上記以外メールのみの対応となります。