メールでのご相談はこちら

お電話での対応 03-5775-4500

月~金曜日
11:00~17:00 スタッフ対応
土日、祝祭日
10:00~17:00 オペレーター対応

上記以外メールのみの対応となります。

【ロンドン】大人気! レ・ミゼラブルのザ・オールスター・ステージ・コンサート

2019/08/10~11/30 35,000円〜
入手難

ー非常にチケットが取りづらくなっていますー

ロンドン、ウエストエンドで1985年10月8日に初演された「レ・ミゼラブル」。
超ロングランを続けるこの作品は10周年と25周年の時、記念となるコンサートが企画されました。その伝説のコンサートを再現しようというのが今回の「ザ・オールスター・ステージ・コンサート」です。
驚くのは、その出演者の豪華なこと。
ウエストエンドの主要な演目で看板を飾ってきたマイケル・ボールがジャベールに。さらにレ・ミゼラブル25周年記念コンサートでジャン・バルジャン役を務めたアルフィ・ボウも。ジャン・バルジャン役をウエスト・エンド史上最年少で演じたジョン・オーウェン・ジョーンズも、3週間限定で出演します。
またエポニーヌの子役時代からエポニーヌ役も務めたキャリー・ホープ・フレッチャーがフォンティーヌ役で。ティム・バートンの映画「アリス・イン・ワンダーランド」の出演でも知られるコメディアン、マット・ルーカスが胡散臭い宿屋の主人テナルディエ。妻のマダム・テナルディエは30周年キャストでもあるケイティ・セクームと、これ以上望めない豪華なキャスティングです。

ロンドン版レ・ミゼラブルのトレイラーから
今回オールスター・ステージ・コンサートが企画されたのは、このミュージカルを長年かけていたクイーンズ劇場が改修工事に入るため。7月13日の上演を最後に、12月中旬まで休演になるため。それだけにコンサートはいままでのアニバーサリーとも違う特別感があります。
会場はクイーンズ劇場のとなりのギールグッド劇場。ここはかつてグローブ座(もちろんシェークスピアの)」と呼ばれていた場所で、外観も客席もクラシカルな雰囲気いっぱい。劇場に入るだけでもウエストエンドの感動を味わうことができます。
出演者総数65名! さらにオーケストラが入っての特別コンサート。すでにアルフィー・ボウが出演する日はほぼ完売ですが、公演は8月10日から11月30日までと16週間あるので、客席1階、2階ともにまだチケットを手配できます。
チケット価格は手数料を含め35,000円から。詳しくはワールドチケットガイドまでお尋ねください。

また、クイーンズ劇場のレ・ミゼラブルは2019年12月18日より再演が予定されています。

価格やお席など、お問い合わせはもちろん無料です。

<上演日>
月/火/水/木/金/土 19:30
水/土 14:30

ご相談・お問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせください

お電話での対応 03-5775-4500

月~金曜日
11:00~17:00 スタッフ対応
土日、祝祭日
10:00~17:00 オペレーター対応

上記以外メールのみの対応となります。